悪質な引越し業者の見分け方

悪質な引越し業者の見分け方

引越し業者の中には、悪質な業者が紛れていることがあります。

引越しが終わった後で法外な追加料金を請求してきたり、違法な営業をしていたり。

悪質業者

違法な業者を使って引越しをしてしまった場合、引越し業者だけでなく依頼者までも処罰の対象になることがあります。

悪質な引越し業者は、事前に見分け方を知っていることで回避できる場合が多いです。

下記の見分け方を参考に、悪質な引越し業者とのトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

カナリ怪しい:企業情報が曖昧、もしくは不明である

確認

引越し業者のチラシ、ホームページ、見積もりなどに本店所在地、会社の正式名称、許可番号、電話番号が明記されているかどうか確認しましょう。

きちんとした引越し業者なら、基本的な企業情報を公開しているはずです。

調べても詳しい企業情報が見つからない、ホームページに記載されている情報とメールの内容が違うといった場合は要注意です。

カナリ怪しい:運送約款を見せない

運送約款は見積もり時に提示を義務づけられているものです。

何かと理由をつけて提示できない業者は「カナリ怪しい!」と思ってください。

また、運送約款の内容についてもしっかりと確認し、納得した上で契約するようにしましょう。

要注意:車のナンバーの色が緑と黒以外である

引越し業者の車のナンバーは緑(一般貨物自動車の営業ナンバー)か黒(軽トラックの営業ナンバー)のどちらかが基本です。

確認

繁忙期にはまれに白ナンバーの車を使うこともありますが、その場合は陸運支局の許可証を持っているはずです。その場合は業者に許可証を見せてもらいましょう。

許可証を持たない白ナンバーのトラックで引越しをすると、業者だけでなく依頼者まで処罰の対象となることがあるので注意が必要です。

要注意:予約金や手付金を請求してくる

「標準引越運送約款」では予約金・手付金を支払う必要はないとされています。

「標準引越運送約款」というのは、引越しのトラブル防止のために国土交通省が提示しているルールのことです。

ただし許可を得て独自の運送約款を持っている業者もあります。だからこそ見積もりの際に運送約款の内容をきちんと確認することが大切なのです。

注意:契約前なのにダンボール等の特典を渡そうとしてくる

引越し業者を決めて契約する前の段階で、無料のダンボール等の特典を受け取らないように注意してください。

キャンセル防止のために、こういった契約後の特典を置いて行こうとする引越し業者がいるからです。

ダンボール

品物を受け取った後に契約を断ると、不当にキャンセル料を請求されることも。

特典を受け取るのは契約の後にしましょう。

もちろんすでにその業者との契約を決めているなら受け取っても問題はありません。

もしもトラブルになったら

トラブル

引越し業者のトラブルに巻き込まれたら、消費生活センターか社団法人全日本トラック協会に連絡しましょう。

その際はトラブルの詳細(いつ、どこで、どんな業者と、どういった内容のトラブルになったのか)を整理しておくようにしてください。

>>消費者生活センター
>>社団法人全日本トラック協会

悪質業者が心配な方は

HOME'S引越し見積もりで業者の情報を調べよう
ライン

HOME'S引越し見積もりサイト

悪質業者が心配なら、「HOME'S引越し見積もりサイト」がおすすめです。

簡単な項目入力で条件に合う引越し業者を複数検索し、企業情報や免許番号、総合満足度評価をチェックできる便利なサイトです。

事前に下調べができるので、優良な引越し業者を選んで無料見積もり依頼をすることができます。

他の一括見積もりサイトと違い、必要な業者の見積もりだけを取り寄せることができるので、営業の電話が心配な方も安心して使えます。

ライン

引越し業者を無料検索してみる>> HOME'S引越し見積もり
※スマホの方は青い文字の「HOME'S引越し見積もり」を指で一回軽く叩いてください。

ライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ