引越し時の「荷物預かりサービス」を引越業者別に比較

引越し

引越しの際、今住んでいる部屋を出る日と転居先の部屋に入る日がうまく調整できるとは限りません。契約の関係や、転居先の前の住人の都合などでスムーズに引っ越しできない場合もあるかと思います。

その間住むところに関しては知人の家やホテル、ウィークリーマンションなど手段がいろいろありますが、問題は荷物です。

多くの場合、引越業者に頼むことになると思いますが、荷物預かりサービスの対応は各業者によって多少異なります。

そこで各引越業者の荷物預かりサービスの内容はどのようなものなのか比較してみました。

大手引越業者の荷物預かり料金一覧表

サカイ引越センター ・新築、リフォームに伴う引越の場合のみ一時預かり可能。
・料金は預かる荷物の量や期間によって変動。
アリさんマークの引越社 ・提携業者を紹介。
※一時保管は有料。紹介のみは無料。
アート引越センター ・家財の一時預かりサービスあり。
・料金は、保管期間に応じた保管料、入庫・出庫の際にかかる運搬作業費が別途必要
※預かり日数が短く、荷物量も少ない場合は追加費用が発生しないこともあり。
日本通運 短期(1ヶ月未満)の場合
・鉄道コンテナなど時間のかかる輸送方法を検討し、保管料を抑える方法で対応

長期(数ヶ月間)の場合
・国土交通省認定のトランクルームに保管。
・荷物を出し入れする場合には事前連絡が必要。出し入れの都度、出入庫料・配送料がかかる。
・エリアや時期等により取り扱いできない場合もあり。
ダック引越センター ・自社のトランクルームにて預かり対応。
・料金は1コンテナ(和室の押入れ1間相当)で税込19,440円+搬出・搬入料金(荷物量・移動距離により異なる)
アーク引越センター ・オプションにてトランクルームでの荷物預かりサービスあり。
ハート引越センター ・オプションにてトランクルームでの荷物預かりサービスあり。
ハトのマークの引越センター ・オプションにて荷物預かり可能。段ボール箱一つからでもOK。
カルガモ引越センター ・1ヶ月間限定で、引越し時一時的に荷物預かり可能。料金は無料。
・トランクルームでの保管。
・※バイク、自動車など大型荷物は要相談。
ファミリー引越センター ・オプションにてトランクルームでの荷物預かりサービスあり。
・24時間出し入れ自由。 ・長期の場合は1ヶ月1,500円(+税)からの格安料金で対応。
ヤマトホームコンビニエンス 建替引越パック
・住まい建替の際に利用できるサービス
・旧居⇒仮住まい⇒新居への荷物輸送&搬入、一時荷物の預かりがパックになったサービスです。
・荷物預かりの量はどれだけ預けても料金は変わりません。
・保管期間は5ヶ月以内。
・料金は旧居の総家財量と旧居から仮住まいまでの輸送距離で決定。
※料金に関しては、訪問見積もり時かフリーダイヤル0120-008008までお問い合わせください。

≪預かれないもの≫
・毛皮製品
・美術品・工芸品
・ピアノ・オルガン・自転車・オートバイ
・現金・有価証券及び貴金属
・発煙・引火性のある物品

引越し見積もりを依頼する際に問い合わせてみよう

大手の引越業者の場合、オプションとして荷物預かりを用意しているところがほとんどです。

料金に関しては保管料・配送料などが別途必要になりますが、料金プランの内容は業者によってバラバラです。 そのため預ける荷物の量や期間によって最安のプランが変わってきます。

今回比較した引越業者の中では、唯一「カルガモ引越センター」は1ヶ月以内であれば無料でトランクルームでの荷物預かりに対応してくれます。

また「日本通運」については、短期間の預かりであれば保管料がかからないような配送手段を提案してくれます。

その他の引越業者についても、相談次第で安く対応してくれるところもあるかもしれません。

まずは複数の業者に見積もりをとり、荷物預かりのオプションをつけてトータルどのくらいの費用がかかるのか把握するようにしましょう。

詳しく見る>>優良引っ越し業者を格安で手配!見積もり依頼3つのポイント

サブコンテンツ

このページの先頭へ