引越し業者の訪問見積もりの際に気をつけたいこと

訪問見積もりで気をつけること

引越し業者に作業を頼む場合、中には自宅訪問で見積もりをしてくれる業者もあるでしょう。

訪問見積もりはちょっと面倒なイメージもありますが、実際の荷物の量や住まいの状況などを直接引越し業者に見てもらうということはそれなりのメリットもあります。

確認

まず正確な見積もり額がすぐに出るという点。

基本的に見積もりはその場で提示してもらえるので、何度も業者と連絡のやり取りをする手間が省けますし、営業マンが荷物の量を確認してくれるので抜け漏れが出る心配もありません。 荷物が多い場合や、ファミリー引越しの場合には特に便利なサービスだと言えます。

そして引越し業者の印象を事前にチェックできるという点も見逃せません。

直接営業マンに会うことで、優良引越し業者かどうかを自分の目で見て判断することができます。

訪問見積もりサービスを利用する場合は、下記の4つに気をつけて、そのメリットをフル活用しましょう。

1,数社の訪問見積もりを受ける場合は、時間差で同じ日にまとめる

営業マンによる下見後すぐに見積もりが出るのは助かるのですが、ほぼすべての営業マンが「今決めたらこの値段だけど、後になったらわからない」というようなことを言って、決断を急がせようとします。

これはお決まりの営業トークですので、ついつい押されて即決しないように注意しましょう。

業者手配

おすすめなのは、訪問見積もりのスケジュールを時間差で同じ日にまとめてしまうことです。

最後の業者が帰ったあとで見積もりを比較し、その日のうちに返事をする旨を営業マンに伝えるようにします。 それでもしつこく即決を迫ってくる引越し業者については断った方が無難です。


2,見積もりに最低限必要な事柄について決めておく

最低限必要な事柄が決まっていないことには、見積もりを出しようがありません。 下記の項目については、訪問見積もりの日までに決めて整理しておきましょう。

■見積もりに最低限必要な事柄
・引越しの希望時期について
・希望する作業内容(引越しの準備から頼むか、荷物の搬出・搬入のみか、エアコン着脱等付帯作業は希望するかなど)
・引越し先の家について(住所、何階建ての何階か、エレベーターの有無、間取り)
・荷物について(引越し先に持っていく荷物はどれか)

3,営業マンの印象もチェック

訪問見積もりにくる営業マンは、引越し業者の「顔」です。
せっかく直接会えるのですから、営業マンの印象についてもチェックしておきましょう。

引越し業者

営業マンの印象が悪い場合は、実際の引越し作業自体にも不安がありますので、いくら見積もり額が安くても避けた方がいいかもしれません。

反対に依頼者である私たちの印象も営業マンから見られているということも忘れずに。お茶のひとつくらいは出して、お互い良い気持ちで訪問見積もりを済ませたいものです。

4,経費の総額だけでなく、追加料金などの個別の条件も確認する

複数の引越し業者から見積もりを取ったら、内容を細かく比較します。

例えば配送料が安くても「エアコンの設置費用が高い」「荷物の重量制限を超えると割高な追加料金がかかる」など個別の条件はさまざまです。

決定

梱包資材を無料で提供してもらえたり、引越し先で10分間掃除などのサービスをしてもらえたり、特典がつくこともあります。

営業マンの印象も含め、総合的に判断して依頼する引越し業者を決定しましょう。

見積もりを取ろう

訪問見積もり可能な引越し業者を探してくれる便利なサイト
ライン

HOME'S引越し見積もりサイト

「訪問見積もりを依頼したいけど、どの業者にお願いすればいいのかわからない」という方におすすめなのが「HOME'S引越し見積もりサイト」です。

あなたの条件に合う最適な引越し業者を検索し、見積もり依頼を申し込むことができます。訪問見積もりの依頼はもちろん、ネットでの見積もり依頼も簡単にできます。

ネットおよび自宅訪問での見積もりは無料で申込可能です。

引越し元の郵便番号を入力後、「ネットで」もしくは「自宅訪問で」をクリックし、必要事項を入力してお申込み下さい。



ライン

サブコンテンツ

このページの先頭へ